サイレンサーとは

車の後部から見えるマフラーと呼ばれる排気装置ですが、本来マフラーとは排気装置の最後部にある消音装置のみのことをさします。本03
エンジンは内部で爆発を起こし動力にしていますが、爆発によって起きる音は非常に大きいものであるため、そのままでは利用することが難しくなっています。そこで、エンジンの爆発音をできる限り小さい音に抑える働きをしているのがサイレンサーと呼ばれる消音装置なのです。
マフラー内部は排気を遮らないように少しの隙間を空けた仕切りをたくさん配置しています。また、吸音材を使用することによって音波を吸収し、さらに消音効果を高めています。
マフラーは鉄製のものが多く、部位的に熱くなることや冷たくなることを繰り返してしまうため、どうしても錆びてしまいます。そのためマフラーに穴が開いてしまい、消音効果が失われてしまうことが起きてしまい、車検に通らないこともあります。修理をしてくれる業者もたくさん存在していますので、排気音が大きくなってきたと自覚した時には速やかに修理を依頼しましょう。穴を塞ぐだけの修理ですむこともあれば、マフラー全体を交換する修理が必要なこともあります。
錆びてしまった時にこまめに錆を落とし、耐熱塗料を塗ることで長持ちさせることも可能です。

コメントを受け付けておりません。