マフラーの種類とは

車にはマフラーという部分があります。これは車の一番後ろにちょこっと着いている部分のことですが、普段はこのように少ししか見えないのですが、実は実際にはとても長くなっているのです。エンジンが前にある車の場合には、車の長さの4分の3程度の長さがあります。しかし車の長さから言えばそれほど長いと言うことにはなりませんが、排気装置として考えるととても長いものとなっています。

 

 

エンジンは空気を吸ってガソリンとこの吸い込んだ空気を混ぜて火を付けて爆発をさせて、その後にできた燃焼ガスをはき出すと言うことを定期的に行っています。しかしこのときに起こる爆発音は非常に大きい物となっています。この音を軽減させるためにあるのがこの部分なのです。この排気装置には3つの部分があり、エコzp-ストマニホールドとエキゾーストパイプトサイレンサーからなっています。これにはいくつかの種類があります。それは音やデザインや性能の向上や品質によって選ぶことができます。エンジンと共に重低音を求めたいという人は音を重視した物になりますし、燃費などの性能を向上を求めたいという場合には、その点が重視されます。

 

 

いずれにせよ見た目だけではなくしっかりと自分の車にあっているのかと言うことが大切になります。

コメントを受け付けておりません。